西大寺観音院

西大寺観音院は、岡山県岡山市東区西大寺にある寺。山号は金陵山。本坊の観音院は高野山真言宗別格本山の寺院。本尊は千手観世音菩薩。中国観音霊場の第一番札所である。日本三大奇祭のひとつとも言われる、会陽(裸祭り)が有名である。

1月に行われる「修正会」は古くから行われていたが、戦国時代、修正会の結願の日に守護札を群集する参詣者に投げたことに始まるとされる。その後、変化し現在の姿となった。

会陽は毎年2月の第3土曜日に開催され、その年の福男を争う。同日22時に本堂の御福窓から宝木が投下され、牛玉所大権現の裸の守護神に参り、本堂西の四本柱をくぐり本堂に向かう。そして宝木を手にし一着で着いた者がその年の福男になる。

本堂大床の柱の内側を撫でると御利益があるといわれ、長年撫でられた柱はつるつるになっています。