吉備津神社

吉備津神社は岡山市の西部、備前国と備中国の境の吉備の中山(標高175m)の北西麓に位置する。吉備の中山は古来より神体山とされ、北東麓には備前国一宮・吉備津彦神社もあり。当社と吉備津彦神社とも、主祭神に、当地を治めたとされる大吉備津彦命を祀り、命の一族を配祀する。

本来は吉備国の総鎮守であったが、吉備国の三国への分割により備中国の一宮とされ、分霊が備前国・備後国の一宮(備前:吉備津彦神社、備後:吉備津神社)となったとされる。

足利義満造営とされる比翼入母屋造の本殿は、独特の「吉備津造」で、拝殿とともに国宝指定。また社殿3棟が国重要文化財指定され、毎年行われる特殊神事の鳴釜神事が有名。

吉備津神社のご利益:長寿・安産・育児・災難厄除け・縁結び