吉備津彦神社

吉備津彦神社は、岡山市西部に位置し、備前国と備中国の境に立つ吉備の中山(標高175m)の北東麓にあります。吉備の中山は古来より神体山として信仰されており、北西麓には備中国一宮・吉備津神社もあり。当社と吉備津神社とも、当地を治めたとされる大吉備津彦命を主祭神に祀り、命の関係一族を配祀する。

大化改新を経て吉備国が備前・備中・備後に分割されたのち、備前国一宮として崇敬され、中世以後は、宇喜多氏、小早川秀秋、池田氏など歴代領主の崇敬を受けた。

パワースポットの云われ:太陽が随神門正面から昇るということで「朝日の宮」とも呼ばれています。ご利益:健康・金運UP