データーバックアップ

突然の停電でパソコンは?

日頃から、データーのバックアップは大丈夫ですか?

 


 バッテリ内蔵のノートパソコンは、停電時でもバッテリでしばらくは駆動できます。また、雷などによる急な停電でも自動的に電源がバッテリへと切り替わり、作業中のデータを失うことは少ないとされています

しかしながら、デスクトップパソコンは突然の停電により、動作中にコンセントから電源ケーブルを引き抜かれたのと同じ状況になり、以下のような影響が考えられます。

 

・作業中のデータが消えてしまう?

・入力中の文書ファイル消える?

・プリンタで出力中のデータが消える?

・インターネットからダウンロード中のデータが消える?

などハードディスクドライブ(HDD)への影響が考えられます。

起動中はもちろん、データの書き込み中やデフラグの最中などに停電が発生すると、ファイルの一部破損や消失、最悪の場合はHDD自体がクラッシュしてしまい、二度と使えなくなってしまう可能性もあります。

また、正常な終了処理ができないため、起動ファイルなどに異常が発生し、OSが起動しなくなるトラブルも考えられます。

 

 

 

では、停電に襲われた場合はどうすればいいのか?

 

まずは、電気が回復してからもう一度電源ボタンを入れ、パソコンが起動するかどうか確認する。OSが問題なく起動したら、HDDの状況を確認する「チェックディスク」を実行する。「マイ コンピュータ」を開き、OSの入っているドライブアイコンの右クリックメニューから「プロパティ」を選択、ツールタブの「チェックする」ボタンを押すと、HDDの状況をチェックできます。

 

 

 

※くれぐれも不審な動作を示す場合には、すぐにシャットダウンする。

損傷を受けたHDDを動作させ続けると、今以上に損傷箇所が増えていく危険性があります。正常に起動しないときや、HDDが物理的に損傷している場合は、復旧はほぼ不可能ですから、外付けハードディスクや、記憶媒体への、日頃からのデーターのバックアップをお忘れなく。