城崎温泉 MAP

効能 一般的適応症 (筋肉痛 関節痛 五十肩 運動麻ヒ 関節のこわばり うちみ くじき 慢性消化器病 痔疾 冷え性 病後回復期 疲労回復 健康増進 きりきず やけど 慢性皮膚病 虚弱児童 慢性婦人病)

泉質 食塩泉 - 源泉温度37℃~83℃。

源泉より、平均温度を57度に安定させてから、町内の各外湯・旅館に送られている。


さとの湯

ふれあいの湯

城崎らしい風情に現代性をプラスして誕生したのが「さとの湯」です。

エキゾティックな雰囲気と滝の音が聞こえる温泉です。


地蔵湯

家内安全・水子供養、衆生救いの湯

泉源から地蔵尊が出たのが、温泉の由来です。外観は和風とうろう、六角形の広い窓は玄武洞をイメージしており、外湯中一番モダンな建物である。


柳湯

子授安産、子授けの湯

中国の名勝西湖から移植した柳の木の下から温泉が湧き出たのが、温泉の由来である。外傷やはれものに著効があるといわれています。


一の湯

合格祈願・交通安全、開運招福の湯

江戸中期、天下一と推賞したことから名づけられた。外観は桃山様式の歌舞伎座を思わせる造りで、町の中央に位し城崎温泉の象徴になっています。


御所の湯

火伏防災・良縁成就、 美人の湯

御所の湯の名は、後堀河天皇の御姉安嘉門院が入湯されたことに由来。江戸時代、陣屋がおかれ「殿の湯」または「鍵の湯」と呼ばれていた。


まんだら湯

商売繁盛・五穀豊穣、一生一願の湯 

温泉寺開祖 道智上人の曼陀羅一千日祈願によって湧き出たのが、温泉の由来である。

 


鴻の湯

夫婦円満・不老長寿、しあわせを招く湯

こうのとりが足の傷をいやしたといういわれにもとづいて名づけられた。町中心から少し離れた閑静な温泉場である。