総社宝福寺

井山宝福寺は、幼い頃の雪舟が修行中、柱に縛られた時に出た涙でネズミの絵を描いたという伝説で有名なお寺です。境内の桜の木は少ないですが、お寺の雰囲気と相なじんで、心和ませられます。秋には、また真っ赤に色付いた紅葉と、四季折々の景観が楽しめます。


津山の春(鶴山公園)

津山鶴山公園の桜は、1900年(明治33年)春、鶴山公園開園後の1902年(明治35年)に、牡丹桜と染井吉野などを試験的に植樹したのが始まりで、以降1905年(明治38年)に津山町議会議員・福井純一が私財を投じるとともに寄付を集め、約2,000本の桜が植樹され全山が桜で覆われるようになりました。


総社の春(砂川公園)

砂川公園には、約330本のサクラが遊歩道沿いに咲いてます。

近くの川からはせせらぎが聞こえ、公園の奥には砂川の森が広がっており、さまざまな植物や野鳥を観察することもできます。また縦長で広い敷地内にはキャンプ場エリアと、バーベキュー施設があります。春先の桜の時期には、特に大勢の家族連れでにぎやかです。